ビタミンC誘導体の選び方や特徴、評判について

posted in: スキンケア・美白 | 0

選び方や選ぶ際の基準について

ビタミンCを浸透させる

スキンケアの中には難しい名前のついた成分が配合された数多くの化粧水がありますが、エイジングケア用品として人気の高いアイテムが、ビタミンC誘導体が配合された化粧品です。ビタミンC誘導体が配合されている化粧水は美白やニキビ対策をはじめ、エイジングケアにとってよい効果が期待されることから、各世代から絶大な支持を得ています。ビタミンCはシミや美肌に欠かせない成分と言われるほど体内のコラーゲンをつくるのに不可欠な栄養素ですが、人は体の中でビタミンCを作りだすことが出来ません。なので外から摂取するしか方法はありません。しかしビタミンCは肌への吸収がされにくい成分だと言われています。というのも、空気に触れると酸化してしまったり、水に溶かすと活性しなくなってしまったりと弱点がたくさんあるため、肌には効果を発揮することが難しいとされています。そこで誕生したのが、ビタミンCの肌へ浸透しにくいという弱点をカバーしたビタミンC誘導体です。ビタミンCに以外にもさまざまな成分が配合されていますが、肌への浸透を良くしたり、より効果的な働きが出来るよう手助けをすることが出来ます。ビタミンCが配合された化粧水よりも、ビタミンC誘導体が配合された化粧水の方が、その効果を発揮してくれるということになります。今はサプリメントなどでもビタミンCが補えるので、体の中と外からエイジングケアをすることで、美肌へと近づく一歩になることでしょう。

選び方や特徴、評判など

効果を調べてみました

化粧水等に含まれているビタミンCは、安定性が低いため酸化しやすく、水に溶かすと活性を失い、肌へ吸収されにくくなる性質を持っています。このようなビタミンCの弱点を人工的に改良させた成分がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体、進化型ビタミンC誘導体があります。「水溶性ビタミンC誘導体」は、皮膚に吸収されやすく、ビタミンC本来の効果を生かせるように改良した物です。メラニンの生成を抑えながら新陳代謝をあげ、メラニンの排出を助けます。また、皮脂分泌のコントロール等、オイリー肌・ニキビ肌、大人の肌ケアにも効果があります。しかし皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥しやすい肌になったり、敏感肌には刺激を与え乾燥しやすくなったりしてしまうこともあるようです。主に化粧水や美容液に配合されているので、お肌の状態に合った化粧水等の使用がお勧めです。「脂溶性ビタミンC誘導」は、本来水溶性のビタミンCに油を合わせ、乳液状にした物です。油に溶けやすい性質をもつ為、主にクリームやジェル等に使用されています。真皮まで浸透されメラニン生成を抑制しターンオーバーや細胞を活性させます。高濃度でも肌への刺激が少なく、安定性にも優れているので、敏感肌・乾燥肌の方にもお勧めです。水溶性に比べ即効性はありませんが、皮脂膜や角質層への吸収率が高く、持続性、保湿性が高い為、乾燥から守る効果もあります。「進化型ビタミンC誘導体」は、水溶性と油溶性の性質を持つ誘導体で、さらに浸透力が高くなった物です。化粧水やクリームにも配合されています。ビタミンC誘導体には、活性酸素の除去や抗酸化作用、新陳代謝促進、メラニン還元、色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール等の様々な効果があります。さらに真皮でコラーゲンの生成に働きかけ、シミ、シワ、たるみ等美肌や美白効果が期待できる成分です。

正しく使おう

市販の化粧水を使うのなら、配合されている成分をよく見てからにしましょう。例えば、ビタミンC誘導体配合の化粧水が人気です。いろいろな商品が市販されています。人気の理由は様々ですが、世間的によく言われているのはシミやシワ予防に役立つという点です。紫外線によってシミやシワができやすいからこそ、このような化粧水を使って予防しましょう。また、化粧水なら毎日のように日課として使うことができます。ビタミンC誘導体といっても配合されている容量はそれぞれ異なるので、よく比較しましょう。毎日のスキンケアでしっかりと予防することがポイントです。それから、人によっては肌に合わないこともあります。この点もしっかり見極めてから使いましょう。パッチテストをしてみるのもお勧めです。それから、化粧品売場で専門スタッフに相談してみるのもいいかもしれません。もしくは通販で評判のいい化粧水を購入しましょう。ランキングサイトなどがとても役立ちます。また、ネットで情報収集することも大切です。その中には、ビタミンC誘導体配合の化粧水によって、かえってシミやシワが悪化するという情報も見受けられます。これは人によって異なるので、まずは試してみることがポイントです。一般的には、ビタミンC誘導体の化粧水を使ってすぐに紫外線にあたると良くないと言われています。つまり、就寝前に入浴してからスキンケアをする分には、全く問題ありません。使用方法に注意して正しく活用しましょう。

特徴、評判など

誘導体化で確かな効果

ビタミンC誘導体が入った化粧水の特徴は美白成分として定評のある成分が配合されていることです。1980年代には効果が明らかになった成分でありながら安定性が良くないため化粧品に配合するのが困難だったビタミンCを誘導体化することができるようになったことで、毎日のお手入れに使う化粧水にも酸化しにくい形で入るようになりました。誘導体化することで皮膚への浸透力も高められているのもメリットの1つです。具体的な効果としてまず挙げられるのは美白効果です。肌細胞の抗酸化作用はもちろんですがすでにできてしまったあきらめていた色素沈着にも効果があるとされていて、実際に使っている人にはシミや色素沈着を期待する人も多いです。初期から中期程度のニキビのケアにもビタミンC誘導体は役立ちます。肌の新陳代謝を促すことでターンオーバーが正常化されるのでニキビ跡の改善にも効果があります。皮脂の分泌量をコントロールする働きもあるため、脂性肌に悩む人にとっても使いやすい化粧水です。しっかりと保湿を行う事で皮脂の量が次第に安定してきます。加齢によって起こる事が多い毛穴の開きや、活性酸素が大量に発生して起こるしわやたるみもビタミンC誘導体の得意分野です。年齢を重ねた人にもファンが多い理由はここにあります。多くの肌に悩みを解消してくれる化粧水として評判の良いビタミンC誘導体化粧水には水溶性・油溶性・両性と3つのタイプがあり、誘導体の含有量もそれぞれに違います。成分表示をよく見て選ぶのがより良い効果を得るための秘訣です。

特長やメリット、評判について

浸透効果の高さで選ぶ

日焼け止めクリームをしっかり塗って出かけたとしても、長時間外出していると効果が切れるので、シミが出来やすくなります。くすんだ肌を明るく見せたいときはビタミンC誘導体を配合した化粧水がおすすめなので、今使っているものに含まれていないなら切り替えるようにしてください。ビタミンCは野菜やフルーツに含まれている成分で、お肌に透明感を与えたり、毛穴の開きを抑える効果があるので、多くのエイジングケア用化粧水に含まれています。ただしビタミンCは成分自体が不安定で、そのままではお肌へ届きにくいため、その欠陥を改良してビタミンC誘導体という成分が生まれました。この成分を配合した化粧水を肌に塗ると、奥まで浸透して美白をサポートしてくれるので、使い続けるうちに綺麗な肌に近づくことが出来ます。近年はさらに進化した、APPS(アプレシエ)などの両性ビタミンC誘導体も誕生しています。この成分を配合した化粧水は、従来のビタミンC誘導体よりもはるかに角質層への浸透性に優れているので、透明感のあるモチモチの肌になりたい方におすすめです。エイジングケア効果が非常に高いため、長く使えば使うほど肌に明るさがよみがえっていくでしょう。くすんだ肌を改善したいときは、美白成分のビタミンC誘導体だけでなく、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合した化粧水を選びましょう。お肌が乾燥すると、シミやくすみなどの肌トラブルが起こりやすくなるので、常にうるおいをキープさせることが大切です。

美容に良いスキンケア成分

美肌作用が強く肌に優しいスキンケア成分がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを化粧水に配合しやすいように誘導体化した成分です。ビタミンCは水溶性で、肌につけてもすぐに蒸発します。しかし、ビタミンC誘導体の化粧水なら蒸発することがなく、角質層の奥までしっかりと浸透します。浸透力が強いのがビタミンC誘導体の特徴のひとつです。肌につけるとすばやく吸収されるので、何回も重ねづけするのがおすすめです。ビタミンC誘導体には、シミやくすみのもとであるメラニンの発生を抑える、またはメラニンを分解する効果があります。そのため、美白作用がある化粧水の多くに、ビタミンC誘導体がスキンケア成分として配合されています。小じわ、ほうれい線などの老化現象予防(アンチエイジング)にも、ビタミンC誘導体が効果的です。ビタミンC誘導体には、活性酵素を除去する働きがあるためです。活性酵素は、肌に小じわやほうれい線を作る原因です。紫外線や乾燥などの影響を受けると、肌に活性酵素が生まれます。また、ミネラルファンデーションに含まれている酸化チタンも、活性酵素を生み出すと言われています。ビタミンC誘導体の化粧水でスキンケアをする習慣をつければ、あらゆる活性酵素が排除されて、肌にツヤ、ハリ、弾力がでます。さらに真皮層に存在するコラーゲンの生成促進をサポートする効果もあるので、毛穴が引き締まり、肌のキメが整います。

美白と保湿の効果がある

ビタミンC誘導体が含まれている化粧水には、美白と保湿の効果があります。このタイプの化粧水にはビタミンCが含まれています。この栄養素には抗酸化作用があります。酸化が進むと、肌にくすみが出たり、肌が黒ずんだりします。これを防ぐのがビタミンCです。ただし、ビタミンCは変質しやすい性質を持っており、そのまま化粧水に使うことはできません。ビタミンCの性質が変質しないように工夫されたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体として化粧水の中に含まれていたら、ビタミンCの効果が損なわれることはなく、抗酸化の成分として働くことが期待できます。ビタミンC誘導体が含まれた化粧品には、メラニンが生まれるのを防ぐ働きもあります。メラニンが増えてくると、肌の白さが失われていきます。ビタミンC誘導体が含まれた化粧品を使うことで、メラニンが生成するのを防ぎ、美白の状態を作り出します。このタイプの化粧水には、新陳代謝を促す働きもあります。新陳代謝が活発だったら、肌の状態は瑞々しいままです。若々しい状態を保つことができるので、女性の美しさに大きなプラスになります。このタイプの化粧水には、ビタミンC誘導体の他にも、女性の美容に有効な成分が含まれています。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがその例です。有効成分が多いほど、肌にプラスになりますが、体質は個人によって異なっています。自分に合った化粧水を選ぶ必要があります。

ビタミンC誘導体の良さや魅力について

毎日の化粧水ケアで美肌へ

化粧水売り場でよく目にする「ビタミンC誘導体」の文字。実は今、美容業界で特に注目されている美肌成分なんです。ビタミンCが肌にいい、という話は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。日頃からフルーツや野菜を積極的に摂るよう心がけている方もいらっしゃるでしょう。しかし、ビタミンCは体に吸収されにくく、摂取してもすぐ体から排出されてしまいます。それなら化粧水として肌に直接届ければいいのですが、ビタミンCはとても壊れやすい性質で、化粧品の成分として配合するのは難しいとされてきました。そこでビタミンCに改良を加え、安定的に肌へ効果を届けられるようにしたものがビタミンC誘導体です。言うなれば、化粧品版ビタミンCですね。ビタミンC誘導体には様々な効果があります。まずは、皮脂の分泌を抑える効果。ニキビやオイリー肌で悩みがちな若い世代には嬉しいですね。そして、メラニンの生成を抑える効果。メラニンはシミの原因となる成分ですので、それを抑制出来るとあればシミ予防にはうってつけ、美白化粧品にビタミンC誘導体が多く含まれているのはこのためです。更に、肌の老化を防ぐ抗酸化作用やコラーゲンの生成を促しシワやたるみを改善する効果もあり、アンチエイジングにも一役買ってくれます。このようにたくさんのメリットがあるビタミンC誘導体配合、毎日使う化粧水に取り入れれば特に効果が期待出来るでしょう。このように優秀な成分であるビタミンC誘導体ですが、一方で肌の乾燥を招きやすいという側面もあります。特に乾燥肌の方は症状の悪化に繋がることもあるので注意が必要です。その場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿力の高い成分も一緒に配合されている化粧水を選ぶといいでしょう。成分表示をしっかり確認することが美肌への近道となります。自分の肌質や目的に合った化粧水で、健やかな肌を手に入れましょう。